スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
女子力?

最近よく聞く言葉「女子の好きな」とか「女子力UP」とか。
女性の魅力という意味で「女子力」というのだろうが
「子」が入るのがいかにもヌーヴォー(新酒)好きな日本人らしい。

この言葉、十代や二十代前半の女性が対象かと思いきや
妙齢なご婦人にも使われているとか。
ってか、学校卒業してまで「女子」なんて呼ばれたくねーや!
とか思う私は20代後半から「オヤジ」と呼ばれていたかも(^^;

「女の子」でいることより、とっとと大人になりたかった。
精神年齢と実年齢のギャップがなんとも居心地悪く
早く30代以上になりたいと思っていたティーン・エイジの頃
背伸びをして老舗なショット・バーでバーボンをオーダーした。

熟成したボルドーやローヌワインが好きな私には
「子」は無用だなと、つくづく思う。


cosme

スポンサーサイト
[2009/04/30 01:30 ] | Myself
韓国パワー

この前一緒にイタリアンへ食べに行った元同僚とも話しをしたが
「私たちって美味しいものを食べること、飲むことのプライオリティ高いよね」と
互いにグラスを傾けながら頷いた。
こればっかりはバーチャルで楽しむことはできない。

店の雰囲気を肌で感じ、キッチンから漂う匂いをかぎ
差し出された皿を目で楽しみ、ナイフ・フォークから伝わる
素材の弾力を感じ取る。まさに至福の楽しみ。
五感をふるに使って料理を楽しむ。舌先だけでは味わえない。

食物はカラダに入って、血となり肉となりカラダの一部となる。
今日の昼に食べたカルビクッパが、週末少々お疲れだったカラダを
内からぽっぽと燃やしてくれているように感じるのも
あながち気のせいでもないのだろう。
新しくできたその店の全ランチメニューを制覇するまで
通い続けてしまいそうだ。


karubi

[2009/04/28 14:03 ] | Myself
飲んで踊って

金曜のイタリアンに続いて次の夜はスパニッシュレストランへ。
新大久保界隈では有名な老舗の店へ飲み友だちと繰り出した。
強烈な個性を放つ真っ赤な出で立ちの年齢不詳のオーナー
ホアン氏(大田区出身の生粋ジャパニーズ)がお出迎え。

大雨を予測してあまり仕込みをしていないというホアン氏の嘆きをよそに
好き勝手にオーダーする私たちに「それはない、これにしなよ」と指導が。
それでもチーズやらオリーブやらでんでん虫やらスパニッシュ・オムレツやら
スペインワインにぴったりな小皿がテーブルの上に並ぶ。

お腹もちょうど膨れた頃には名物のフラメンコ・ショーの始まり。
コンクールで優勝した踊り手も加わり、本格的なフラメンコダンス。
ホアン氏もおどけたオーナーから、プロギタリストへと変身する。
官能的なダンスをかぶりつきで堪能した夜だった。


casa 01 casa 02


[2009/04/27 14:47 ] | Health & Food
飲んで食べて

昔の同僚と久しぶりに恵比寿の店でたっぷり飲み食い。
7時半に乾杯し、気がついたら11時を回っていた。
気持ちの良いサービスにすっかり長居をしてしまい
よく食べ、よく飲み、よく話した。
やはり、人生に美味しい時間は必要だ。

tomatoオリーブオイル漬けのドライトマト♪
pizzaキノコたっぷりのピザ☆
wine & food
いかにも南欧の味がするサルデーニャのワインとモツのアラビアータ♪


[2009/04/26 22:20 ] | Health & Food
脱衣厳禁

前回、彼との時間のあとふしだらな事を目論んでいたら
バチが当たったみたいでいきなり体調不良になりダウン。
ようやく一週間ぶりに元気なった。

元気になったとたん、それを見こしたように友人たちから続々と
飲みの誘いが入りご機嫌でいたら、とんでもないニュースが。
ビールに焼酎....確かに炭酸系のあとに醸造酒ってパターンは
危険な取り合わせだけれども。

そう言えば20代の頃の飲み友(女)に『脱ぎ魔』がいて
飲み屋やディスコで良く取り押さえてたっけ(^^;
私も呑むと指輪、腕時計、メガネを放り投げてしまうクセがあり
けっこう難儀したものだ。

陽気も良くなって開放されたい(脱ぎたい)気持ちもわかるけど
くれぐれも自宅までは我慢だなぁ....と自戒してみる(^^;


glass


[2009/04/24 10:25 ] | Myself
欲張り?

忙しい合間をぬって、彼がうちの部屋を訪れ
まったりした時間から一転、嵐のような時間が過ぎたあと。
久しぶりにひっぱりだされ、彼自身と一緒に私の中に潜り込み
すぐに引っこ抜かれて、テーブルの上に放り出されたイケナイ道具を
じっと見つめ

「この後、これで一人で遊んだら...怒る?」

と聞いて「まだ物足りないの?」と彼を呆れさせてしまった。
冗談だよと答えたが、心の内をよくよく覗いてみるに
半分冗談で半分本気だったかもしれない。

その存在すら、すっかり忘却の彼方にあったはずなのに
久しぶりに見たそれは、なんだか魅力的に見えたのだ。
お腹はいっぱいだけど、目が欲しくなる...と言うか。

さすがにその夜は彼を送ったあと、夕食も取らずに
毛布に突っ伏し爆睡してしまったが
今朝もそれはテーブルの上に乗ったまま。

これって...私が欲張りだから?それとも好奇心が強すぎる?
一人エッチは別腹♪...って言ってたよね?


cake 2

[2009/04/13 15:28 ] | Myself
au café

昨夜は待ち合わせでターミナル駅のカフェへ。
仕事の都合で予定より1時間遅れになるという連絡をもらい
先に軽く食事を済ませ、その後時間つぶしにカフェに入った。

いかにも待ち合わせにぴったりな噴水前にあるそのカフェは
レジ前に行列が出来ている程だったが、時間はたっぷりあるし
カフェのスタッフが席を見つけてくれるまでのんびりカウンターで待った。
思ったより早くテラス席に案内され、アイスラテとミルフィーユで一休み。

右隣ではビジネスマンが外人講師と英会話のレッスン
斜め左隣では若い女性が時折り歓声をあげながらお喋り。
店内からはイージーリスニングなBGMが流れ
ざわついた中にふんわりとした空気が漂っていた。

不思議としんとした静けさより、こういうざわめきの中の方が
一人でいるには落ち着ける。
ハリー・ポッターもこんなカフェな中で誕生したのかもしれないな
なんて思いながら過ごす、束の間の時間だった。


cafe



[2009/04/10 12:10 ] | Daily
気配り下手

この時期は歓送迎会を筆頭に大勢で酒席を囲むことも多い季節。
外で飲むことは大好きなくせに、実は大勢で飲むのは少し苦手。
特にコース料理で大皿で人数分料理が運ばれてくるようなのが一番困る。

なぜなら、そこには必ず気配り上手で取り分け大好きな女性、時に男性がいて
全員の小皿を回収しては、きっちり人数分に取り分け配給するからだ。
料理が来るや否や皿を抱え分配し、皿を片付け、また取り分ける。
小学生の給食じゃあるまいし、落ち着かないことこのうえない。

この料理はいらないと断ると、片付かないから受け取れと怒られる。
私は料理を片付けるために、ここにいるんじゃないだけど
なんて思いながら早く宴が終わらないかと、いつも思う。

皿に盛り付けられた料理を目で愛で、それを肴にグラスを重ねる。
取りたい料理を少々皿に盛り、少し摘んでまた一口。
そんな風にお酒はゆっくりと楽しみたい。

取り分けられるのも、取り分けるのも苦手
気配り下手な自分は、いつも思う。


tong

[2009/04/07 23:10 ] | Myself
森林公園

一日半ほどぐずったが、気分を変えて今日は天気に任せて家事三昧。
途中、招かれざる客のミサイル情報のTVをみたりと、のんびりモード。
たぶんバイオリズムの関係でなんとなく眠くて、無理せず昼寝も。

花粉の影響がなければ、ちょっと遠出でもしたいとこだが
少々喉の調子も怪しいので大人しく、大人しく。
ほんとはデジカメ片手に森林公園にでも行きたいなぁ。


park


[2009/04/05 22:57 ] | Myself
禁断症状

一口食べると、もっと食べたくなる。
ちょっと飲み始めると、ずっと飲みたくなる。
これって人の性なのか。

昨夜、久しぶりに彼の顔が見れたら
今日一日、禁断症状がでたのか....たまらない。
あの猫のようにどこかにココロを擦り付けたくなってくる。

明日には収まるだろうか。


lonely


[2009/04/04 23:35 ] | Love
打ち上げ花火

そんなもの、打ち上げなくていいですからっ!!


taepodong


[2009/04/04 11:58 ] | Daily
宴の夜  Napoleon

今回ご招待いただいたのはこのワインのオーナー、
フィリップ・カリーユ氏のご厚意より。
例の『~の滴』で取り上げられてから、ますます加熱する人気ぶりだ。
AUXAMIS 02

このカリーユ氏、かの国の業界人の間では『ナポレオン』と呼ばれていたりする。
通称『ナポちゃん』
日本語も達者な生産者の間ではそれで通用するのもほんとの話。

AUXAMIS 06napoleon

実は日本にファンクラブがあるほど人気者だ。
かの評論家も嬉しそうにボトルにサインをしてもらっていた。
AUXAMIS 09

うちの同僚もナポちゃんとのツーショットを撮ってもらってご機嫌。
私はご本人よりワインの方を堪能させていただいた一晩だった。


[2009/04/02 09:26 ] | Wine
宴の夜  La cuisine

小洒落たメニューには美味しそうな料理に旨そうなワインが。
AUXAMIS 08AUXAMIS 03

最初の一品はフォアグラ、リンゴのコンポート添え。
ここでソースが美味しいからとパンでガンガンなぞって食べると
後から大変な思いをする....と分かっているクセに、やっぱり食べる(^^;
AUXAMIS 04  

今回の料理はボルドーの名店『La Tupina』の味を再現したもの。
と言っても、そこで食べたことはないので真偽の程はわからないが。
AUXAMIS 05

この後、たっぷりの魚料理、ステーキ、デザートと続き
それに合わせたワインの説明を各オーナーから聞きながら
飲んで飲んで、食べて食べて。

思ってた通り、だんだん胃が苦しくなってくる。
やっぱり、パンをほどほどにしておけば良かった!


[2009/04/01 10:54 ] | Wine
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。